カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
 

SIG Airsoft/VFC P320-M17 ガスブローバックピストル (Official Licensed)

海外メーカー製品


SIG Airsoft/VFC P320-M17 ガスブローバックピストル (Official Licensed)

メーカー希望小売価格:
オープン価格
価格:

22,800円 (税込)

マガジンのバルブを日本仕様の注入バルブに交換します:
HKマガジンに限らず、VFC製のGBBマガジンの注入バルブをメーカー純正品の高圧仕様から、日本用の低圧仕様に交換します。
ガスの注入が容易になります。
購入数:

在庫

在庫切れ(再入荷のお知らせに入荷連絡をご利用ください→)

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


■納期と在庫、ご注意点について(必ずご確認下さい)

即納在庫がない場合、こちらの製品の納期区分【B】

納期区分、在庫について

※ご注文頂いた時点で上記リンク内のご案内事項はご了承頂いたものとして扱います。


■販売時のオプションについて(整備等)

下記のリンク先に各オプションの詳細情報がございます。ご依頼頂く場合はご確認の上お申し込み下さい。



■製品概要

SIG Airsoft/VFC P320-M17 ガスブローバックピストル (Official Licensed)

アメリカ陸軍において最新型制式採用拳銃として選定されたSIG Sauer M17(P320)ガスブローバックピストルをSIG社の正式ライセンスを受けついにモデルアップ。 M17は、次世代サイドアームを決定する"XM17 MHS(Modular Handgun System)"コンペティションにおいて、 ベレッタ/FNハースタル/グロック社といった名だたる銃器メーカーの製品を差し置いてその座を勝ち取ったハンドガンです。
M17には、米軍の要求に応じた最新鋭の設計が各所に取り入れられています。 特にアンビ仕様のマニュアルセフティー、スライドストップ、手に良く馴染むグリップなどエルゴノミクスに優れた構成。 戦況の変化が激しい現代戦に対応可能なように、アンダーレール、ホワイトドットサイト、着脱可能なマウントプレートなど多様なクティカル性も備えています。
製造には、リアリティーと優れた実射性のエアガンを生み出す台湾VFCが手掛けます。 正規ライセンスを受けて製作されているため、銃本体の造形や寸法、刻印、カラーといった外観は実銃のような仕上がり。 内部機構には、VFC最新型のブローバックエンジンが組み込まれ、鋭いブローバックと共に高い実射性能を体感することができます。
※ドットサイト用マウントはございませんのでご注意ください。

■製品特徴

・SIG Sauer フルライセンス
・リアルサイズ(1:1)
・新型HOP調整システム
・25連マガジン付属

■ストライクアームズ的お勧めポイント

SIG Airsoft/VFC P320-M17 ガスブローバックピストル (Official Licensed)
遂に発売になりましたね。情報が出てからまだかまだかとお待ち頂いた方も多いと思いますが、SIG自らライセンス管理をしてVFC製造のファーストロット入荷です(20191/8)。

少し早くWE(おっとAEGというブランドから発売したんだった)もモデルアップしていましたので、在庫同士比べて見ると、マーキングありなしの違いは大きい物の、それ以外はほとんど変わりませんね。細かい部分でスライドが1mmくらい長かったり、エキストラクターの部分が若干違うのと、テール部分の形状が少し丸かったり(VFCは幅広)と並ばなければ気づかない部分が多いと思いました。
パッと見て全く違うと思ったのはアウターバレルの造形くらいでしょうか。
実射性能はというと、WEのほうがリコイルスプリングが弱めでマイルドな印象です。VFC製造のものは鋭いブローバックとリコイルです。好みにもよりますが、私はVFCが好ましいと思いました。
ただ、値段の差は大きく、総合的にどっちがお勧めかと聞かれたら、悩んでしまいます。正規ライセンスのマーキングと造形は捨てがたいものの、マガジンも本体も割高感はぬぐえません。
コレクション要素で選んだらVFCしか選択肢はありませんが。

さて比較はこれくらいにして、この製品について語っていきましょう。
造形は私が本物を手に取ってみたことがないので、写真からご判断頂くとして、マーキングが彫ってあって、更に墨入れされているのは面白いですね。金型が新しいのでエッジも丸まっておらず、コレクションされる方はファーストロットに近いものを手に入れられることをお勧めします。
スライドのコッキングも適度な力が必要で、ダルダルな感じもなく、スライドとフレームのガタツキもカッチリ目です。リコイルスプリングはレート高めでプリロードもしっかり掛かっており、ホルスターに入れて走ったらスライドが動いてうるさいなんてことはなさそうです。
リコイルについては、かなりしっかりブローバックしますので、鋭さと手に伝わるリコイルの感じは好感触です。ですが初めてVP9を触った時ほどの感動はありませんので、並程度とお考え下さい。これじゃない感はないということで。
グリップはえぐれていて、とても握りやすく好感触。サイトも可もなく不可もなく実用的な部類で飛び道具はないけど、ちゃんと作りました!というSIGの実直さが良く現れていて軍用と言われれば確かに納得出来るかもと思います。
スライドストップもアンビだし、セイフティもアンビです。操作系はやりやすいと思います。
パワーは、ファーストロットを見た感じだと70台半ばくらいは出ていて、ハンドガンとしてはじゅうぶんです。使いやすいと思います。

個人的にこれはちょっとなと思ったのは、セイフティレバーですね。
アンビで操作はどちらの手でも出来るのですが、とにかく固いのです。これは掛ける時も面倒だし、咄嗟にハンドガンを抜いて、セイフティを解除しつつサイティングの流れを阻害する仕様で、個人的には好ましくないです。
ガッチリ掛かるので不意に外れないという点では良いと思います。本物もこれと同じかどうかは分かりませんが、アメリカ人のパワーに掛かればこれくらい問題ないのか(笑)、それとも軍でハンドガンを使うシーンなどほぼありませんから、素早く撃てることよりも不意にセイフティが外れないことを重視したのかまでは分かりませんが、個人的に気になった部分でした。

しかし、強いて言えばその程度の不満なので、気にならない人から見れば、とても良い製品だと思います。
正規ライセンスなので、パチもんと言われないですし、作動もしっかりで、造形も良く、操作系はアンビで、パワーもそこそこ出る。
凄い優等生な製品です。ちょっととげがあるのは、ベレッタ愛なのかもしれません(笑)。


■組込済カスタムパーツ

なし

■製品仕様

全長:210mm
重量:764g
装弾数:25発
材質:アルミ/強化樹脂
パワーソース:HFC134a
ブローバック:あり
セミオート
HOP調整:可
SIG AIR Proforce M17マガジン互換
付属品:本体/25連マガジン/マニュアル

■この製品の注意点

こちらの製品は海外製エアガンです、必ず下記注意事項をお読みになって、 ご了承上でのご購入をお願い致します。

ページトップへ