カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
 

★並行輸入品★【海外バージョン】 KWA/Umarex IWI Tavor SAR GBB (TAR21) 1J Ver.

海外メーカー製品

※こちらの製品はKSC仕入ではなく、海外からの並行輸入品です。


★並行輸入品★【海外バージョン】 KWA/Umarex IWI Tavor SAR GBB (TAR21) 1J Ver.

希望小売価格:
オープン価格
価格:

64,800円 (税込)

納品時整備オプション(選択必須):
納品時の整備オプションです。検品のみ、整備付をご選択下さい。
検品のみは作動確認のみで出荷致します。
整備はお時間が掛かりますが、製品のポテンシャルを引き出してから納品させて頂きます。
購入数:

在庫

1個

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

■こちらの製品の納期区分【B】

納期区分、在庫について


在庫や納期について注意点がございます。初めてご利用になる方は必ずご確認ください。




■製品説明

イスラエル国防軍が誇る新鋭アサルトライフル「タボール21」を、IWI社公認のガスブローバックモデルとして製品化。
刻印から滑止めテクスチャーまで、オフィシャルライセンスならではの再現性を誇り、サウスポー用への組み替えまで完全再現。
システム7TWOでは初となるブルパップ構造により、機関部に近接した衝撃的なブローバックが楽しめます。
さらにフルサイズのアウターバレルにより射撃精度も抜群。汎用レイルを設けた新鋭バージョンなので、セットアップも自在に行えます。

※タボールシリーズについて。
IWI社のタボールシリーズは、同社のアサルトライフル「ガリル」の後継機種として、03年よりイスラエル国防軍(IDF)に制式採用されたブルパップ型ライフルで、フルサイズの「タボール21(SAR)」と、マイクロタボールを代表とする「X95」の2系統が存在します。
とくにタボール21は、汎用レイルなどの更新以外、初代モデルのデザインを色濃く継承しており、シリーズの中でも純然たるミリタリーモデルの印象が強いライフルです。製品は、IWI社公認ライセンスによるリアルな外観と、システム7TWOブローバックによる確実な作動を実現。新型モデルならではの拡張性の高さも魅力的な「タボール」の決定版です。

■製品特徴

・長大なトップレイルは、光学照準器や暗視装置などをタンデムに配置可能。右側面の傾いたサイドレイルは、補助的なドットサイトやフラッシュライト類の取り付けに対応。
・折り畳み式のバックアップサイトは、完全にレイルに埋没するスマートな構造。
・700mmに満たない全長に、フルサイズ16.5インチのアウターバレルを内蔵。精密型チェンバーと合わせて射撃精度も抜群で、バレル先端部は14mm逆ネジ仕様です。
・コッキングハンドル/排莢ポート/セレクターが左右に設定可能で、その組み替え手順まで完全再現。
・ピン1本でゴム貼りのバットストック部が開き、簡単にポルトキャリアーが取り出せます。
・ボルトキャリアーは堅牢なアルミ合金製で、耐磨耗性を要求される部分には焼結製パーツを採用。
・マガジンの前後にマグキャッチとボルトリリースが配置され、素早いリロードが可能。
・IWI社ロゴマーク付きのタボール専用マガジンは、実銃通りにM4用のマガジンと相互互換を実現。
・アウターバレルを外す専用工具や、フロントサイト用のアジャスターなどが付属。

■ストライクアームズのオススメポイント

皆さんお待ちかねのタボールシリーズが製品化です。
ブルパップの短い全長は取り回しが良いのはもちろん、この機種は重量バランスもブルパップにしては優れており、保持しやすく使いやすいです。
コッキングハンドルは前方に位置しており、操作性も良い部類で、トリガーフィーリングもブルパップにしては相当良いと思います。セレクターも扱いやすいですし、エジェクションポート共々左右入れ替えが効くのも利き手を選ばず良いと思います。
基本的に構えたままマガジンチェンジが出来るようになっており(慣れは必要)、大き目のボルトリリースボタンとマガジンリリースボタンは操作しやすいです。
総合的に良くできていて、ブルパップは使いにくいというネガな気持ちをお持ちの方も多いと思いますが、違和感は少ないと言えるでしょう。私はとってもフィーリングが良かったです。

マガジンはKSC/KWA製品にお馴染みの800グラムくらいある重いものですが、熱効率重視の設計です。本体装着時のがたつきのなさは感動レベルで、M4系マガジン採用機種にありがちな緩い、きついとは無縁です。かっちりはまるけど、抜けやすい、とてもいい塩梅です。
マガジンキャパは公称40発とUMAREXは表示していますが、KSCが38発と書いていることから、40発入れると恐らくフォロアーがきまってしまって、ボルトキャリア閉鎖時にマガジンを装着するとローディングノズルに負担を掛ける(最悪折れる)ということだと思われます。
満タンまで装弾したら2発程度抜く癖を付けましょう。

作動ですが、System7TWOなので軽快さが売りです。瞬発力はいつも通り優れていて、マガジン内のガス圧力が十分にある時の作動の良さは折り紙つきです。
リコイルショックもあるほうで、肩にきちんと感じるリコイルショックをもっています。
フルオートのサイクルスピードは普通程度です。パワーは1Jモデルなので、マガジンを人肌程度に温めても95m/s程度となっています(当店実機テストの値です)。
タイトバレルに交換したりする場合は初速が上がってしまうので、デチューンをしてください。

■製品仕様

カラー:BK
全長:696mm
重量:3690g
装弾数:38発(最大40発)
発射方式:セミ/フル
ホップアップ:可変式
付属品:マニュアル、工具類、マガジン


■注意点

・メーカーは断りなく仕様の変更を行うことがございます。
 当店はその件について責を追うことは出来ません。ご了承下さい。
・こちらの製品は並行輸入品です。KSC販売モデルではありません(仕様は恐らくほぼ同じ)。


GBB製品の種類(【JPサポート】や【NPAS】など)とサービスについては、以下のページにてご案内させて頂きます。

PC用ページ / スマートフォンページ / 携帯電話ページ

ページトップへ