カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
 

★送料無料★【海外バージョン】 CyberGun Thompson M1A1 GBB (トンプソン M1A1)

海外メーカー製品 受発注品在庫注意事項あり


★送料無料★【海外バージョン】 CyberGun Thompson M1A1 GBB (トンプソン M1A1)

メーカー希望小売価格:
オープン価格
価格:

36,800円 (税込)

納品時整備オプション(選択必須):
納品時の整備オプションです。検品のみ、整備ありをご選択下さい。整備にはお時間が掛かります。(別途ご案内をご覧下さい)
初速調整オプション(任意選択):
納品時に高すぎる、低すぎる初速を調整します(目安80〜90m/s)。法定内での調整です。初速の指定は出来ません。
購入数:

在庫

在庫切れ(再入荷のお知らせに入荷連絡をご利用ください→)

入荷連絡を希望
返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ


■納期と在庫、ご注意点について(必ずご確認下さい)

即納在庫がない場合、こちらの製品の納期区分【A】

納期区分、在庫について

※ご注文頂いた時点で上記リンク内のご案内事項はご了承頂いたものとして扱います。


■販売時のオプションについて(整備等)

下記のリンク先に各オプションの詳細情報がございます。ご依頼頂く場合はご確認の上お申し込み下さい。



■製品説明

CyberGunから、Thompson M1A1のGBBが発売されます。
Auto-Ordnance公式ライセンス認証を受けてWEが生産を担当する、リアルなトンプソンM1A1です。
見慣れたロングマガジンだけでなく、ショートマガジンも用意される至れり尽くせりの仕様です。信頼のWEブローバックエンジンで作動しますので、飾ってよし、撃って良しの高コスパ製品間違いなし。

■製品特徴

・Auto-Ordnance正式ライセンスマーク
・メタルレシーバー装備
・オープンボルト方式の発射を再現
・フェイクウッドプラスティックストック/グリップ
・WE OEM製品
・シリアルナンバー付


■ストライクアームズのオススメポイント

日本版よりも先に届きましたので書きたいと思います。(2018/2/9記載)
第一印象は思っていたよりも軽いというものです。どうも、トンプソンといえば電動ガンを思い出すのですが、私の記憶ではサイズの割にものすごく重たいという印象だったようです。
この軽いという感覚はとても意外で、マガジン付け忘れていない?と思ったくらいです。
次に思ったのはフェイクウッドのストックとハンドガードがイマイチという感想です。プラスチック感が強くやっぱ本物の木でないとなぁと思いました。ただ、これはもう解決している問題でRA-TECHがウッドストックセットをリリースする予定なので買えれば問題ないでしょう。
むしろ、フェイクウッドなことによって本体価格が抑えられて、必要ない人には安く買えるのでメリットなのでは?と思い直しました。
本体は軽いのでアルミ合金製なのだと思いますが(亜鉛合金より軽い気がする)、素材は公開されていなかったと思うので分かりません。持ったときの剛性感はかなりあって、歪みそうだなどのネガティブな感じはありません。アッパーレシーバーとロアレシーバーの隙間は見た感じ狭いですが、振るとわずかに動きますので、ピッタリ、ギッチリではありません。0.2mmくらい動く感じです(イメージです)。

各部を手で動かしたイメージですが、ボルトキャリアはスムーズに動きます。左右にぶれないので効率は良さそうです。分解して気づきましたが、リコイルガイドが工夫されており、ストロークとスペースの問題をうまく解決していて感心しました。
マガジンはキャッチを操作しながらでないとかなり装着に力が必要です。おとなしくキャッチを操作しながら装着したほうがストレスはないでしょう。左利きだとものすごく操作しづらいけれども。

次に作動させてみた感じですが、オープンボルト(本来の意味で)方式なので、撃つ時にボルトキャリアは後退しています。撃つとボルトキャリアが前進し、弾を発射し、また後退した位置でボルトキャリアが止まるわけですが、セミオートだと独特な感じでリコイルは大きくないと感じます。ですが、フルオートになると豹変し揺さぶられ感の強いコントロールが難しいほどのリコイルで楽しめます。
テストした時は真冬(2月)なので、マガジンを30度程度に暖め夏場をちょっと再現して作動させてみましたが、50発のフルオート発射は出来ませんが、10発程度のフルオートはタレも少なく作動効率は良いようでした。
HOPシステムはいつものWEでSCARに似ているタイプ(あるいは全く同じ)です。調整は外から可能で扱いやすいと思います。
パワーですがテストした個体はマガジン暖めで平均80m/s台で夏場ちょうど良い感じでした。初速の落ちも緩やかで素性もよさそうな印象です。
マガジンには空撃ちモードがついて、オープンボルトですからWAのようにバルブロック機構が搭載されています。それが良い方向に作用している感じがします。個人的に関心したのは、マガジン上部のラッチにローラーが装着されておりボルトキャリアがスムーズに動くよう配慮されていたことです。小さなパーツなので破損が心配ではあるものの作動が良い印象に一役買っていると思います。

あまりなじみがない機種でどうかなぁと思っていたのですが、一気に好きになってしまいました。遠い距離で撃っていないので命中精度なんかは現時点で分かりませんが、作動させて見た限りではお買い得プライスな製品だと思います。オープンボルトの製品ってほとんどありませんから、コレクションとしても興味深いと思いますし、これだけ動けば遊ぶ用途でもいけるでしょう。サイバーガンブランドでの発売なのでマーキング付きですよ。WEなのに。

■組込済カスタムパーツ

なし(メーカー純正)


■製品仕様

本体カラー:BK
全長:810mm
重量:2650g
装弾数:50+1発(6mmBB弾)※ロングマガジン装着時
インナーバレル長:275mm
HOP:可変式
ブローバック:Yes
発射モード:セミ/フル
パワーソース:HFC 134aガス
パワー:0.989J以下
付属品:50連マガジン、BBローダー、マニュアル(英文)

■ご注意点等

・メーカーは断りなく仕様の変更をすることがございます。
・この製品は、海外メーカー、海外製造品です。国内製品ではございません。


GBB製品の種類(【JPサポート】や【NPAS】など)とサービスについては、以下のページにてご案内させて頂きます。

PC用ページ / スマートフォンページ / 携帯電話ページ

ページトップへ