カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
注目キーワード
 

★新製品ご予約★【JPバージョン】UMAREX/GHK G17 Gen5 MOS ガスブローバックハンドガン CERAKOTE (OfficialLicense/JP Ver.)

海外メーカー製品



2024年6月中旬発売予定!

■新製品ご予約商品注意事項

・ご予約をされた方は以下のご注意事項と、当店のご利用案内に記載されているすべての事項に了承したものとみなされます。
発売後のお届けとなり、受注順の発送となります。
・発売予定日は、あくまでメーカー発表の予定日であり発売を確約するものではございません。
・商品価格は予価であり、メーカーの価格が変更となった場合や為替などの状況次第でご提供価格が変更になる場合がございます。
・入荷が数割れになった場合は、受注順に割り当てを行います。
・入荷が数割れの場合かつ、割り当てを受けられなかった方のご予約品は、次回以降の再入荷にて出荷を行います。特にメーカー生産完了後のご予約は数量の調整が出来ませんので、確実に手に入れたい場合はお早めにご予約を頂いたほうが確率は高まります。(一部メーカーを除く)
・メーカーが断りなく仕様を変更する場合がありますが、その責は負いかねます。
販売時、着日指定はお受けできません。発売後のご依頼はお受け致します。
・お支払は、銀行振込、代金引換、Paypalが選択可能ですが、ご予約品に関しては到着時支払いの代金引換をお勧めいたします。
ご予約品と通常の在庫品を一緒にお買上げ頂くことは基本的にご遠慮ください。
どうしても必要な場合も分納はお受けしません。すべて揃ってからの発送になります。また、途中キャンセルもお受けできなくなります。
お支払方法もこの場合は代金引換はご利用できません。前払いのお支払方法をご選択ください。

発売日の違うご予約品を複数種類ご予約頂くことはご遠慮ください。同一の発売予定日でまとめてご注文をお願いします。
・商品ページ記載の納期区分は発売後のものになります。
・新製品に整備オプションが設定されており、申し込みをされた場合は納期は整備の分遅れます。整備納期については、製品発売時の状況によって変わります。通常数ケ月は納期を頂いていますのでご注意ください。尚、その時の状況をお知りになりたい場合はお問い合わせよりご連絡ください。
・その他何か問題が生じた場合はその都度対応を決めさせて頂きたいと思います。


★新製品ご予約★【JPバージョン】UMAREX/GHK G17 Gen5 MOS ガスブローバックハンドガン CERAKOTE (OfficialLicense/JP Ver.)

メーカー希望小売価格:
オープン価格
価格:

29,800円 (税込)

GHK系 グロック トリガースプリング交換:
GHK系 GLOCK(グロック)GBBシリーズのトリガースプリングを当店オリジナル品に交換して納品させて頂くオプションです。(任意)
以下、スプリングレートの説明を致します。
ソフト:トリガーを引く力を少なくすることを目的とします。実射性能よりも部屋撃ちで遊ぶ方向け
ノーマル:メーカー箱出しよりも、初速安定性能、初速を若干向上させる効果が望め、トリガーフィーリングは純正同等
ハード:初速アップと初速安定性能重視。ゲーム、シューティング向け。トリガーフィーリングは重い。
GHK グロックカスタムプラン:
GHK/UMAREX GLOCK GBBシリーズのカスタムプランをご選択頂けます(任意)。
各カスタムのご説明を致します。
LV1:日本仕様簡易最適化(簡易作業でコスパ良く箱出しよりも作動性、初速安定性の改善を目的としています)
LV2:日本仕様最適化(簡易ではなく、分解清掃組立までしっかりと実施します)
LV3:SAMOON製アルティメットキット組込+CO2マガジン1本+調整
マガジンのバルブを日本仕様の注入バルブに交換します。:
WEに限らず、海外製GBBマガジンに対するカスタムオプションです。(選択任意)
ガスの注入が容易になります。

※バルブ代込み
購入数:

在庫

在庫あり

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる


■納期と在庫、ご注意点について(必ずご確認下さい)

即納在庫がない場合、こちらの製品の納期区分【B】

納期区分、在庫について

※ご注文頂いた時点で上記リンク内のご案内事項はご了承頂いたものとして扱います。


■販売時のオプションについて(整備等)

下記のリンク先に各オプションの詳細情報がございます。ご依頼頂く場合はご確認の上お申し込み下さい。



■製品概要

【JPバージョン】UMAREX/GHK G17 Gen5 MOS ガスブローバックハンドガン CERAKOTE (OfficialLicense/JP Ver.)

【Glock G17Gen5 MOSとは?】
Glockの起源は1963年にGaston Glockがオーストリアのウィーン近郊に創設した小さな装備品町工場でした。銃器開発の実績が無い中、1980年にオーストリア軍の新制式採用トライアルに参加し、「P80」として採用されました。当時、ポリマーフレームの使用は斬新的、シンプルなデザイン、かつ安全なセーフアクションシステムはピストル市場に革命をもたらしました。1985年、アメリカ市場に民用モデルのグロック17を投入し、爆発的なセールスを記録し、現在は世界中の軍・警察を中心に幅広い層の支持を受けています。

その後も何度のモデルチェンジをして、2009年発売した第4世代を経て、2017年に次世代のスタートとして第5世帯のグロックが開発されました。従来よりも射撃精度の向上、表面処理の進化をさせた以外、スライド前部の角度変更、大型なマガジンリリースボタンやマグウェル、アンビスライドストップを追加、フィンガーチャンネルをなくして様々な大きさの手に対応したグリップを採用など数多くの改良が見られました。翌年の2018年、光学機器搭載可能なMOS(Modular Optic System)モデルのG17 Gen5が発売され、グロックファミリーの中核モデルとしてさらに成長を実現しました。

【UMAREX/GHK製のG17 Gen5について】
グロック商標のライセンサーであるドイツのUMAREX社の監修により、GHK製の第5世代グロックはあらゆるところにこだわったディテールの再現が目立ちます。外寸は実物のまま、セラコートを施したアルミスライド、実銃同様のインサート成型の強化ポリマーフレーム、マーキングもUMAREXに提供されたデータに基づいて正確に再現しています。内部機構はこれまでのGHK大迫力グロックシステムを踏襲しつつも改良が加わり、外観・実射性能の両立が妥協無く追求された完成度の高い仕上がりとなっており、精巧さ、質感、動作性の3拍子を揃った最高の一本です。

【日本仕様】
・日本のフロンガスに適した専用リコイルスプリング
・タニオコバの注入バルブを標準装備
・独自の検品基準とアフターサービス
・GS1事業者コード(Jan):4589566104675/ghk-g17g5-mos


■製品特徴

・ライフル級のピストンを内蔵することにより強烈なリコイルが実現
・実銃並みのトリガープルを再現しつつも、ゲーム向けに柔らかめの設定(GHK2.3kg≒22.5N/実物26N)
・実銃採寸により各寸法を忠実に再現し、実物ホルスターやサイトを無加工で装着可能
・正規ライセンスを取得し、ディテールを余すところなくリアルに再現
・クイックチャンバー(ホールドオープン状態でエジェクションポートから1.27mm六角レンチを使用してHOP調整)
・アルミスライド/MOSカバー/亜鉛合金アウターバレルにセラコート仕上げ
・スチールアンビスライドストップ/ダミーエキストラクター(別パーツ)
・実物構造リコイルスプリングガイド/日本仕様のリコイルスプリング
・6.03mmブラックコートアルミ合金精密インナーバレル
・実銃同様のインサート成型の強化ポリマーフレーム
・GHKオリジナルハンマーレスリアルファイアコントロールユニット
・実物マガジン重量に近づけたアルミ合金製軽量ガスマガジン(GHK空マガジン137g/実物空マガジン78g)
・タニオコバ注入バルブ装備(吹き戻しのあるJP Ver.)


■ストライクアームズ的お勧めポイント

後程追記予定


■組込済カスタムパーツ

なし


■製品仕様

型番:ghk-g17g5-mos
JAN:4589566104675
全長:202mm
重量:504g(マガジン137g含む)
バレル長:98mm
装弾数:20+1発
使用BB弾:6mm
材質:アルミ/亜鉛合金/ナイロン/ラバー
HOP調整:可
ブローバック:あり
発射機構:セミオート
パワーソース:HFC134a
改正銃刀法規準適合(0.989J以下)
※サイトアダプタープレートは付属しません、別途お買い求めください。
※これまでのGHKグロックマガジンに互換性があります。
※18歳以上対象商品になります


■注意点

・メーカーは断りなく仕様の変更を行うことがございます。
 当店はその件について責を追うことは出来ません。ご了承下さい。
・実銃のトリガープルを再現するためトリガーが別メーカー品と比較して重くなっております。 通常のエアガンと比べてフィーリングが大きく変わるため、サバイバルゲームや射撃競技でご使用の場合は、十分な練習を重ねてからの投入をお勧めします。
・他社製のマガジンとは互換性がありませんのでご注意ください。
・フロントサイトは実銃に準拠しているため、取り外し時には専用工具が必要となります。

ページトップへ